So-net無料ブログ作成

テレビ朝日 Qさま 自閉症 [テレビ朝日 Qさま 自閉症]



テレビ朝日 クイズ番組「Qさま!!」中で、ケアが必要な自閉症を病気として扱ったとして、同番組の公式ホームページにおわびと訂正を掲載した。

 テレビ朝日広報部によると、14日の放送中に、「ここ10年で患者数が増えている病気を選びなさい」という問題を出題、自閉症を正答の一つとした。視聴者から放送中に指摘があったことから誤りが発覚した。

そもそも、自閉症とは、先天的な脳の機能障害と考えられるもので、病気としては扱っていないのです。

自閉症の症状にはいくつか特徴があります。




1.対人関係がうまく築けない。

自閉症の人は周りの人とかかわり合うのが苦手で自分から一方的な行動をとってしまいます。これは、普通の人(とても嫌な言い方だけれど・・)よりも繊細であって、自分と相手とのがどんな関係なのかをちゃんと分かっていないことが原因と言えます。
例えば、有名なスター選手やアイドル・著名人の前に立つと緊張して何も話せなくなってりします。また、自分が好きな相手だったりすると目も合わせなくなり自分からその場を立ち去ってしまう様なこともそうです。
そうした経験は誰にでもあると思います。
自閉症と言われる人たちは、それが顕著に現れるのです。

2.コミュニケーションがとれない。

自閉症の子供には特徴として言葉の遅れが目立ちます。たとえ、乳幼児期に言葉が出るようになっても「パパ」「ママ」などの日常生活に必要な言葉を覚えるとは限らないのです。頻繁に聞く言葉や自分が興味を持った言葉を繰り返し話す傾向があります。なので、投げかけた質問とは無関係のことを答えたりするんですね。それから先も言葉の数はなかなか増えずに、中には何も言葉が出なくなってしまうケースもあるんですよ。さらに目線が合いにくい、呼びかけても振り向かないなどの問題も出てきます。このようなことで会話が成り立たなくなってしまいます。

3.行動や興味の範囲が限られる。

別の言葉を使えば、「こだわり」が強いということ。自閉症の人たちはほとんど皆、物事に強いこだわりを持っています。これは行動や興味の範囲が制限されることにつながります。
例えば、決まった時間に決まったTVを必ず見る。こだわりの色を持っていて服装に必ずこだわりの色を取り入れる。しかし、こういう偏った関心も大人になると特殊な才能として開花することも考えられます。
自閉症のことをよく知らなければ、それら範囲の狭さをただのワガママと思う人もいるでしょう。彼らは健常者よりも経験したことのない新しい刺激に弱く、しかもそれに慣れるのは簡単ではありません。予想外の出来事が起こると適切な行動ができなくなってしまいます。

こうしたことには周りの理解が必要ですし、また、家族の方のこころのケアも重要になってきます。

心が疲れていては、人ってなかなか前向きに生きていけません。だってそうでしょう。周りからは理解されにくく、自閉症の家族をケアしそばにいてあげられるのは自分しかいないというと一人でストレスを抱えてしまいます。
その家族が孤立しやすくなるのが今の社会です。

そうならないためには悩みを抱えこまないことが何より重要です。そして話ができる人を見つけること。

だけど話を聞いてくれる人を見つけると言ってもなかなか居ないのでないでしょうか?

自分の周りを見てください。

前向きで明るい話ならまだしも悩みや愚痴を笑顔で聞いてくれる人っていますか?

また、知り合いだと本当の悩みって話せなくないですか?

だって、話す方も気を使って本当の気持ちを話せないだろうし、その打ち明けた話を誰かほかの人に話されてしまわないかという不安もありますよね。

そうしたとき、自分が属しているコミュニティーから完全に外れた(独立した)ところにひとり話を聞いてくれる人がいるととても安心感を得られます。

そうした人っていわゆる【カウンセラー】と呼ばれる人ですが、アメリカではカウンセラーに話を聞いてもらう人はこころに病を持った方だけではありません。

いわゆる健常者(これもイヤないいかたですが・・・)であっても日頃の出来事や思い悩んでいることなどをカウンセラーに話します。カウンセラーに話すことで頭の中が整理されていくからです。

では、カウンセラーと自分の友人・知人に話すのとでは、決定的に何が違うのでしょうか?

それは、カウンセラーが決めつけをしないからです。これにつきます。

友人・知人は必ずと言ってもいいですが、自分の価値基準であなたの話をきいて、自分が過去に経験してきた知識からあなたにアドバイスをします。それが、あなたにとって適切なアドバイスであれば問題ありませんが、もし聞き入れるのであれば、相手の価値基準で発せられたものということをよく注意して聞くべきです。

カウンセラーはセッションを行うことで、心の中の声を浮き上がらせてくれます。

それは「答えはその人の中にある」という信念があるからです。

費用に関してはどうでしょう?

例えば、カウンセラーではこの水沼 利浩さんなどは本当に良心的な料金で対応してくれます。



水沼 利浩さんのHP
    ↓↓↓↓
http://tochihoke.net/

水沼 利浩さんのブログ
    ↓↓↓↓
http://ameblo.jp/tochihoken


ここに書かれているように、1セッション5,000円です。(しかも初回に限り無料です!)

5,000円って1回の飲み代ですよね。仲の良い仲間と飲みに行く方が気持ちが楽になります。という人は楽しい時間を過ごしてください。

もし、仲間にも話せないかったり、気を使って話すことを躊躇してしまいそうな方は一度カウンセラーに話を聞いてみることを進めます。

あなたを拘束するものは90分という時間と5,000円の費用だけです。

水沼 利浩さんのところであれば初回は無料です。

私もカウンセリングを受けたことがありますが、胸につかえていたものがすっと無くなりスッキリします。

この時代にあって心のメンテナンスもしっかりと保ちたいですね!


水沼 利浩さんのHP
    ↓↓↓↓
http://tochihoke.net/

水沼 利浩さんのブログ
    ↓↓↓↓
http://ameblo.jp/tochihoken




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。